政治,  社会・政治・経済

~映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開記念~「『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』フェア in TAU」を開催!

昭和19年戦時下の広島・呉を描いたアニメーション映画『この世界の片隅に』。
『キネマ旬報ベスト・テン』において日本映画の1位に選ばれるなど多数の賞に輝き、全国・世界的な注目を集め、観客動員数210万人を超えました。
ひろしまブランドショップTAUでは、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開(12月20日(金))に合わせ、「『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』フェア in TAU」を開催します。
フェアでは、映画のワンシーンを切り取ったポスター展示や、
映画関連商品を集めた特設コーナーを設け、映画関連商品を購入された方には、特製ポストカードのプレゼントなどを実施します。
また、2階 広島酒工房「翠」では、映画の半券持参で、呉市に本社を置く(株)三宅本店の日本酒「千福」の試飲サービスを行います。
広島から全国・世界へ『世代を越えた平和への願い』を発信するとともに、映画の舞台となっている主人公の“すずさん”が暮らした広島・呉などの広島の魅力を発信していきます。
 

「『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』フェア in TAU」の概要
◆日時
2019年12月20日(金)~2020年1月19日(日) 10:30~20:00
◆場所
ひろしまブランドショップTAU
 (東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング)
◆内容
(階段特設コーナー)
映画のワンシーンを切り取ったパネルの展示。
(2階特設コーナー)
映画に関連したポストカード及び、ミニタオルハンカチ、ノート、フェイスタオル、マグカップなどの販売。
購入された方には、特製ポストカードをプレゼント。
(2階 広島酒工房 「翠」)
映画の半券持参で、映画の舞台でもある呉市に本社を置く、(株)三宅本店の日本酒(千福)の試飲サービス。
SNS(Facebook、Twitter)等で、フェアの様子を投稿された方には、
各日先着10名様に、映画にちなんだ、ミルクキャラメルを1箱プレゼント。

映画に関連した商品(例)

<映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のストーリーについて>
昭和19年。絵を書くのが好きな18歳のすずが、広島・呉に嫁いでくる。夫・周作やその家族に囲まれ、見知らぬ土地で暮らし始めるすずに、次第に戦争が迫ってくる。それでも、食べ物や物資が少なくなるなか、工夫を重ね日々を過ごしていた。ある日、迷い込んだ遊郭で、すずは同世代の女性リンと出会う。いつしか互いを大切な存在に思うようになるふたり。だが、ふとしたことをきっかけに、すずは夫・周作とリンの過去に触れてしまう。大切だから秘める想い。そして、昭和20年の夏がやって来る。

原作:こうの史代「この世界の片隅に」双葉社刊
監督・脚本:片渕須直
声の出演:のん、細谷佳正 ほか
©2019こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」制作委員会
公式HP:https://ikutsumono-katasumini.jp/