エンタメ,  ビジネス,  経営情報,  趣味・娯楽

マセラティ、イタリア本社のCCOおよびCMOを新たに任命

 

モデナ発  – マセラティは新たに最高商務責任者(Chief Commercial Officer)としてベルナール ロワールを、最高マーケティング責任者(Chief Marketing Officer)としてパオロ トゥビトを新たに任命いたしました。
これにより、5月に発表を予定する全く新しいスポーツカーに始まるブランドの重要な革新は、さらに強靭な体制で推し進められて参ります。

 

 

ベルナール ロワールは全世界におけるマセラティの販売を統括いたします。
ロワールはIFAG(フランス リヨン)で経済学およびマーケティングを学んだ後、30年以上にわたってフォード、フィアット、日産、三菱など自動車業界でのセールスおよびマーケティング分野で長い経験を積んできた人物です。

 

 

 

パオロ トゥビトはマーケティングの最高責任者として、マセラティの各リージョンにおけるマーケティングを統括します。
パオロ トゥビトはバーリ大学(イタリア)ならびにミッドグラモーガン大学(イギリス)で経済・経営を学んだ後、コミュニケーション・エージェンシーを経てナイキへ入社、直近ではナイキ アジアパシフィックおよびラテンアメリカの副社長を務めました。

マセラティ S.p.A.

マセラティは、驚くべき個性を持つ唯一無二の車を製造しています。そのスタイル、テクノロジー、本質的に特別なキャラクターにより、マセラティは常に最高を求める人々の高い要望を満たし、自動車業界のベンチマークとなってきました。旗艦クアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、スポーツカーのグラントゥーリズモおよびグランカブリオは、そうしたヘリテージのアンバサダーです。マセラティのラインアップは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、後輪駆動、全輪駆動、最高級の素材、優れたエンジニアリングを備え、これまでにないほど完成されています。これら成功を収めた伝統のモデルは、デザイン、性能、快適性、優雅さ、そして安全性の観点から、イタリアのスポーツカーを再定義しています。