ビジネス,  人事・採用・組織変更

KAKEAI、世界有数のHRtechメディア「HR TECH Outlook」より、アジア太平洋地域における2019 HR tech サービス TOP10 に選出。

株式会社KAKEAI(本社:東京都港区 代表:本田英貴)は、世界有数のHRtechメディア「HR TECH Outlook」より、アジア太平洋地域における2019 HR tech サービス TOP10 に選出されたことをお知らせいたします。

表紙:弊社代表 本田英貴 / HR TECH Outlookより許諾を得て転載

  •  HR TECH Outlookについて

世界の10万人以上のCHROやHRマネジャー、CEO向けに、HR業界トレンドや、最新のニュース、HR tech サービスの動向などを配信する世界有数のHR tech メディアです。
公式HP:https://www.hrtechoutlook.com/
 

  • KAKEAIについて(エンプロイーサクセス プラットフォーム)

テクノロジーが進化した現代においても、相変わらず属人的なままである「職場の上司の部下に対する関わり方」の改善にフォーカスしたソフトウェアです。
従業員数万人規模の大企業から、100名程度の成長中スタートアップまで、幅広い業種・業態・規模の企業にご利用いただいています。
●ご利用開始の背景や目的の例
【事例】
https://service.kakeai.com/kakeai_case_omron/
【代表的な背景・目的】

  • 上司と部下の日常の対話や面談(1on1等)に注力してきたが、結局、現場上司の個人力に依存してしまっている。せっかく時間を使うのだからより効果を高めたい・効率を良くしたい
  • 目標管理/業務マネジメントだけでは、従業員がついてこない。メンバーマネジメント/ピープルマネジメントの質を組織全体で高めなければ離職が止まらないし、個の力も引き出せない
  • 新型コロナウイルス影響を受け、「集合型研修にかわる、より安全・効果的・効率的な施策を実行したい」「リモートワークでもマネジメントの質を落とさない仕組みを現場に提供したい」
  • 働き方改革、生産性向上の鍵となる現場管理職のマネジメント力を高めたい
  • エンプロイーエクスペリエンスの取り組みを強化し、人が育つカルチャーを作りたい
  • エンゲージメントや満足度を測るサーベイはやったが、現場単位での課題の特定と打ち手にまで至らない
  • 新入社員〜若手向けの施策を行ってはいるが、優秀な人が辞めていってしまう

●ご利用を決定いただく皆さまの代表的な部署・役割

  • 人事ご責任者
  • 事業ご責任者(人事制度等と全く関係なくご利用可能なため)
  • 人事部門の中でも「育成/能力開発・事業部人事・HRBP・働き方改革」部門

 

  • 株式会社KAKEAIについて

【受賞歴】
●日本企業で初めて世界のHR techスタートアップ30社に選出され、世界最大級のHR techイベントである「HR Technology Conference & Expo」内にて開催される「2019 HR Tech Pitchfest」に登壇
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000041953.html

●HR  tech GP 2019 最高賞グランプリ

https://hrtechnavi.jp/news/hrtechgp2019grandprix/
●第4回HRテクノロジー大賞  注目スタートアップ賞
https://www.hrpro.co.jp/hrtech_award.php
●週刊東洋経済 2019「すごいベンチャー100」選出
【本社】
東京都港区赤坂8-5-40 ペガサス青山612
【設立】
2018年4月12日
【代表】
代表取締役社長 兼 CEO 本田英貴
【資本金】
71,993,200円
【株主】
当社役員、MICイノベーション4号投資事業有限責任組合(モバイル・インターネットキャピタル株式会社)、鬼頭秀彰(元 株式会社リクルートホールディングス 常務執行役員)、他
【顧問】
駒野宏人|岩手医科大学 薬学部神経学分野 教授〈脳神経科学〉
【共同研究】
岩本 隆|慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授〈HR tech〉
【アドバイザー】
William Laurent|ニューヨーク大学〈AIトランスフォーメーション・データサイエンス〉
【特許】
特許第6651175号、特許第6534179号、特許第6602996号、特許第6602997号
【TEL】
03-6721-1176
【URL】
サービス:https://service.kakeai.com/