IT・ネットワーク,  コンピュータ

「光通信およびネットワーク機器の世界市場:2025年に至る技術別、コンポーネント別予測」最新調査リリース


リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「光通信およびネットワーク機器の世界市場:2025年に至る技術別、コンポーネント別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
光通信およびネットワーク機器の世界市場規模は2020年の推計189億ドルから、今後2025年には278億ドルにまで拡大すると予測されます。当レポートでは、2025年に至る光通信およびネットワーク機器の世界市場予測(市場規模US$、数量ベースUnits)、コンポーネント別市場(光ファイバ各種、光トランシーバ各種、光増幅器、光スイッチ、光スプリッタ、光サーキュレータ、その他)、技術別市場(SONET/SDH、WDM、CWDM、DWDM、ファイバチャンネル)、用途別市場(通信、データセンター、エンタープライズ)、データレート別市場(40GBPS以下、40-100GBPS、100GBPS超)、需要家別市場(BFSI、政府、ヘルスケア、クラウド、エネルギー/ユーティリティ、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
光通信およびネットワーク機器の世界市場:2025年に至る技術別、コンポーネント別予測
Optical Communication and Networking Equipment Market by Component (Fiber, Transceiver, and Switch), Technology, Application (Telecom, Data Center, and Enterprise), Data Rate, Vertical, and Region – Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Optical_Communication_and_Networking_Equipment_2025_MAM1875.html

【レポート構成概要】
◆光通信およびネットワーク機器の世界市場予測2017-2025年
・市場規模(US$)
・数量ベース(Units)

◆コンポーネント別、市場-2025年
光ファイバ
・シングルモードファイバ(SMF)
・マルチモードファイバー(MMF)
光トランシーバ
・SFF/SFP
・SFP+/SFP28
・QSFP/QSFP+/QSFP14/QSFP28
・CFP/CFP2/CFP4
・XFP
・CXP
光増幅器
光スイッチ
光スプリッタ
光サーキュレータ
その他
※(市場規模US$)
※コンポーネント大分類については、数量ベースUnits掲載
※コンポーネント大分類別に用途別の細分化データ掲載
※光ファイバモード別に用途別の細分化データ掲載

◆技術別、市場-2025年
・SONET/SDH
・WDM
・CWDM
・DWDM
・ファイバチャンネル
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2025年
・通信
・データセンター
・エンタープライズ
※(市場規模US$)
※用途別にコンポーネント大分類別、光ファイバモード別の細分化データ掲載

◆データレート別、市場-2025年
・40GBPS以下
・40-100GBPS
・100GBPS超
※(市場規模US$)
※データレート別に分野別の細分化データ掲載

◆需要家別、市場-2025年
・BFSI(銀行/金融サービス/保険)
・政府
・ヘルスケア
・クラウド
・エネルギー/ユーティリティ
・その他
※(市場規模US$)
※分野別にデータレート別の細分化データ掲載

◆主要国地域別市場-2025年
南北アメリカ
・米国、カナダ、メキシコ、ブラジル
・その他南北アメリカ
欧州
・ドイツ、フランス、英国、イタリア
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東
・アフリカ
※地域別に各種の細分化データ掲載
※国別に分野別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、障壁、機会、課題)
・バリューチェーン分析
・競合状況

◆光通信およびネットワーク機器の主要企業プロフィール動向
・HUAWEI TECHNOLOGIES COMPANY, LTD.
・CISCO SYSTEMS, INC.
・CIENA CORP.
・NOKIA
・FINISAR CORP.
・ZTE CORP.
・ADTRAN, INC.
・INFINERA CORP.
・ADVA OPTICAL NETWORKING
・富士通株式会社

(主要イノベーター)
・ECI TELECOM
・CALIX, INC.
・LUMENTUM HOLDINGS INC.
・NEOPHOTONICS CORP.

(その他企業)
・BROADCOM
・日本電気株式会社
・JUNIPER NETWORK, INC.
・ERICSSON
・ALCATEL-LUCENT ENTERPRISE
・CORNING
・ARISTA
・TE CONNECTIVITY
・MICROCHIP
・PADTEC
(全194頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Optical_Communication_and_Networking_Equipment_2025_MAM1875.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年5月13日

★関連レポート
「海底ケーブルシステムの世界市場:通信/電力ケーブル別2025年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Submarine_Cable_System_2025_MAM1919.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html