ライフスタイル,  医療・福祉・介護

体動センサが大阪学の新型コロナウイルス関連研究に採用

住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 執行役員社長:清水和志)は、心拍や呼吸など生体情報(バイタルデータ)を同時に計測できる診断用機器「体動センサ」(一般医療機器 クラスⅠ)を開発し、昨年より医療機関や企業向けに供給してきました。このたび、当社が体動センサの供給を通じて参画する、大阪大学(大阪府吹田市、総長:西尾章治郎)の「呼吸安定性時間(Respiratory Stability Time:RST)を用いたCOVID-19患者に対する重症化指標に関する研究開発」(研究開発代表者:大阪大学 澤芳樹教授)が、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)が公募する「ウイルス等感染症対策技術開発事業」に採択されましたので、お知らせいたします。

 

 大阪大学をはじめとする研究開発チームは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の重症患者が呼吸器不全に陥る状況を踏まえ、重症化前には呼吸様式の異常が始まっていると考えられることに着目。睡眠時の呼吸状態からRSTを算出することで、心不全や呼吸不全の予兆を早期に察知するシステムを開発してきました。

 

今回、このシステムに、柔軟で薄く、高精度な当社の体動センサを採用いただきました。患者に大きな負担を生じさせることなく、迅速かつ効果的な医療の提供が可能になると期待されています。さらに、新型コロナウイルスはもちろん、感染リスクが高く、接触を極力避ける必要があるパンデミックにおいて、オンラインで常時監視することで、早期の治療介入による重症化の低減だけでなく、医療従事者の感染リスク回避にも大いに寄与するものと考えています。

 

また、大阪大学はこれに先行して昨年9月より、在宅で心不全患者のRSTを監視する遠隔モニタリングの治験を開始しており、ここでも当社の体動センサを採用いただいています。

 

 当社グループは、ヘルスケア分野での技術・製品開発を通じて、人々の暮らしと健康のさらなる向上に貢献してまいります。

 

 

<国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)の公募内容と採択結果>  

■【公募情報】令和2年度 「ウイルス等感染症対策技術開発事業」の採択課題について

https://www.amed.go.jp/koubo/02/01/0201C_00094.html

■【トピックス】COVID-19関連研究開発課題情報―医療機器(診断、感染防止、治療)―

No.24

https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_06.html

 

<住友理工のヘルスケア分野での事業展開>  

■住友理工コーポレートWEBサイト

https://www.sumitomoriko.co.jp/product/healthcare/

■体動センサに関する過去のプレスリリース

https://www.sumitomoriko.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/03/n51910487.pdf

 

<ご購入に関するお問い合わせ>

住友理工株式会社 健康介護事業室

(〒485-8550 愛知県小牧市東三丁目1番地)

0120-93-1910

受付時間:      9:00~17:00(土・日・祝日・GW・夏期休暇・年末年始を除く)

Email:          tri-health-contact@jp.sumitomoriko.com

 

<技術に関するお問い合わせ>

住友理工株式会社 新商品開発センター 新事業商品開発部

(〒485-8550 愛知県小牧市東三丁目1番地)

0568-77-2043

受付時間:    同上

Email:    同上