IT・ネットワーク,  エンタメ,  コンピュータ,  その他エンタメ,  ビジネス,  経営情報

アドイノベーション、ジュピターテレコム提供のJ:COM PMPの販売パートナーとして、CS放送のテレビCM広告販売を開始

アプリのマーケティング支援を展開するアドイノベーション株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:石森 博光、以下 当社)は、株式会社 ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 雄三、以下、J:COM)が提供する「J:COM PMP(Private Market Place)」の販売を開始しました。

国内の有料テレビシェア52%、テレビ受信インフラの約24%を占めるJ:COMが提供するデータドリブン型広告プラットフォーム「J:COM PMP」のサービスを販売・紹介していくにあたり、当社の持つ広告主に対する販売網を十分に活用することで、アプリデベロッパー・パブリッシャーの効率的なCS放送でのCM出稿を可能にし、マーケティング支援事業を強化・拡大致します。

■販売の背景

オンラインマーケティングではターゲットなるオーディエンス(視聴者)をターゲティングする事で、効果的な広告出稿を可能にしています。「J:COM PMP」は、従来のテレビCMで行われている番組と時間帯で設定する方法とは異なり、WEB広告と同じようにオーディエンスのターゲティングを設定するテレビCM広告出稿が可能になります。また、WEB広告での広告素材をそのままテレビCMへの利用も可能*1で、効率的な出稿も可能になります。

これまで当社が提供してきたアプリデベロッパー・パブリッシャー向けのマーケティングサービスをCS放送テレビCM領域に広げることで、顧客の事業成長をさらに加速させることが出来ると考えています。

今回は、通常1,000万円以上の広告出稿時にサービスとして提供される「ブランドリフト調査」を初回出稿の1社様限定で無償提供させて頂きます。

*1テレビCMにおいての基本的な素材規定を準拠は必要です。

■J:COM PMP仕組み

J:COMは、許可を頂いたSTB(Set Top Box:視聴端末)契約世帯の視聴ログをリアルタイム、タイムシフト両面で蓄積しています。

このSTB経由で取得した世帯の視聴ログをベースにビデオリサーチ社のパネルデータを教師データとし、機械学習による推計処理を施すことで、視聴ログの匿名状態での個人視聴推計・プロフィール推計を実現しています。枠取引の参考資料として利用出来るようにしています。これにより、CSの放送枠でもデジタル広告とほぼ同等の効果測定が可能となっています。

J:COM PMP仕組み

■当社は2010年の会社設立以降、スマートフォンアプリに特化したマーケティング事業、メディアコンサルティング事業、広告代理店事業を主に、顧客のマーケティング活動全般をサポートしています。2014年に博報堂DYグループのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)と資本業務提携。2017年にイスラエルのDSPと資本業務提携を行い、グローバルでの展開も加速し成長しております。

商号     : アドイノベーション株式会社

会社URL    : http://adinnovation.co.jp/

設立     : 2010年3月15日

代表取締役社長: 石森 博光

本社所在地  : 東京都目黒区上目黒2-9-1 中目黒GS第1ビル 6F

■株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの11社70局を通じて約554万世帯のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話、モバイル、電力、ホームIoT等のサービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約2,175万世帯です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IPマルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。 ※世帯数は 2020 年6月末現在の数字です。