エンタメ,  その他エンタメ,  その他ライフスタイル,  ビジネス,  ライフスタイル,  経営情報

全長16メートルのトレーラーを操る!すご腕女性トラックドライバーが超難関のドライビングテクニックに挑戦!10/11(日)BACKSTAGE(バックステージ)

10月11日(日)よる11:55放送 『BACKSTAGE』、今回のテーマは「全国3位!凄腕“トラガール”が超難関のドライビングテクニックに挑戦!」

番組の主役は仕事を愛するすべての人!その挑戦から働くこだわりが見えてくる・・・。『BACKSTAGE』はMCの武井壮とともに、ひたむきに働く人の“強い仕事愛”を浮き彫りにしていきます!
私たちの暮らしを支える物流の仕事「トラックドライバー」。ネット通販の拡大などにより増え続ける需要に対し、ドライバーの数は変わらぬままで、業界では人手不足に悩まされています。そんな状況の中、今注目を浴びているのが女性トラックドライバー、通称「トラガール」!
今回は、日本中のトラックドライバーおよそ1500名が腕を競う「全国トラックドライバー・コンテスト」の「女性部門」で昨年3位に輝き、20代で唯一の入賞を果たしたドライバー歴5年の鈴木愛美(めぐみ)さんの仕事現場に密着!さらに、難題「激狭スラローム走行」と「左バックでの車庫入れ」にも挑んでもらいました!
鈴木さんが働いているのは横浜・本牧埠頭にある運送会社。鈴木さんの身長の倍はありそうな巨大トレーラーが仕事の相棒です。トレーラーは、トラクターと呼ばれる牽引車にコンテナを連結して走行するのですが、その長さはなんと16メートル!乗用車3台分にもなる特殊な車だけに、大型免許に加えて牽引免許も取得しなければなりません。しかも、コンテナはトラクターで引っ張っているだけなので、道を曲がるときにハンドルを切るタイミングを間違えると大変なことに・・・。かなりの運転技術が求められます。
ただ曲がるだけでも難しいトレーラーですが、番組では鈴木さんにそれをはるかに超える「技」に挑戦してもらいました!
1つめは、コースに5つのコーンを置き、ジグザクに運転をしていく「激狭スラローム走行」。等間隔に設置されたコーンとコーンの間はそれぞれトレーラーの長さよりも短い13メートル。5つのうち1つでも倒したらアウトです。狭い間隔を走行するにはハンドルを右から左、左から右へとリズミカルに切り続けることがコツですが、迷って一瞬でもタイミングを間違えるとすぐにコースから外れてしまうため、油断は禁物。鈴木さんのハンドルさばきに注目です!
2つめの挑戦は「左バックでの車庫入れ」。そもそもトレーラーは接続したコンテナ部分が揺れ動くことから、まっすぐバックするだけでも難しく、また、ハンドルを切った逆方向にコンテナ部分が曲がってしまうため、右バックもかなり難しい・・・。それに加えて左バックは車体で後方が見えないこともあり、左バック自体を禁止する現場も多いほど難易度はMAX!
先輩ドライバーたちが見守る中、初めての左バックに挑戦する鈴木さん。果たして、巨大トレーラーを激狭スペースに駐車することはできるのでしょうか?
MC・武井壮と「父親が運転するトラックの助手席に乗ったことがある」と話すゲストの傳谷英里香さんが固唾を呑んで見守ります。
【BACKSTAGE 10/11OA「全国3位!凄腕“トラガール”が超難関のドライビングテクニックに挑戦!」PR動画】
【放送日】2020年10月11日(日)
【時間】よる11:55
【MC】武井壮
【ゲスト】傳谷英里香
【テーマ】全国3位!凄腕“トラガール”が超難関のドライビングテクニックに挑戦!
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/ref=pr
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット