IT・ネットワーク,  コンピュータ,  社会・政治・経済,  金融・保険

投資・金融情報サービス「QUICK Money World」、個人投資家の活動を支援していく新機能を追加

~ 多様な情報・分析を共有するコミュニティを運営 ~

株式会社QUICK(本社:東京都中央区、代表取締役社長:近藤 勝義)は、個人投資の未来を共創する投資・金融情報サービス「QUICK Money World( https://moneyworld.jp/ )」に投資家の活動を支援し情報提供を強化する新機能を追加いたしました。

1月21日より、QUICK Money Worldでは投資家が、投資に対する自分の興味や関心、考えを発信して情報共有や議論を展開することが可能になりました。多様な情報・分析が共有されることで、多くの投資家が資産運用や投資の意義・面白さを見つけ、適切な知識を得られるようなコミュニティを運営していきます。コンテンツ面では投資判断に重要な影響を与える企業の公表情報を「企業開示情報」として追加しました。また、通知機能などWebサイトにはない機能を備えたスマホアプリも開発しました。

※コミュニティへの参加や一部の機能の利用にはQUICK Money Worldの会員登録(無料)が必要です。

◆新機能について

1.コミュニティ機能:投稿とコメントで実りあるコミュニティを形成

QUICK Money World会員の方はこれまで「クリップ・お気に入り」機能で保存した記事や銘柄を自分だけが見られるマイページにストックし、コメントをつけることで自身の投資に関する思考や判断を記録することができました。

今回、これまで非公開だったマイページの内容の投稿や、他の投資家の投稿に対するコメント、気になる投資家のフォローといった機能を追加し、投資を軸にしたコミュニティを形成する場を提供いたします。コミュニティを通じて自分の関心があるテーマを探求したり、投資仲間を作って議論したりすることで知識を得たり、投資や資産形成の意義や面白さを発見する投資家が増えていくことを期待しています。QUICKは多様な情報や分析が共有され、健全で良質な議論が展開されるコミュニティの運営を目指します。

コミュニティの投稿・コメントのイメージ

2.企業開示情報:TDnet、EDINETで開示された重要情報を提供

新たなコンテンツとして企業開示情報を提供します。上場企業は投資判断に重要な影響を与えると考えられる情報を公平かつ適時に開示する義務があり、TDnet、EDINETという開示システムを利用してこの義務を果たしています。「企業開示情報」ではこれらの開示情報を網羅し、中でもQUICKが注目すべきと判断した情報を「注目開示」としてページ上部に掲載します。

企業開示情報の画面イメージ 1

企業開示情報の画面イメージ 2

3.スマホアプリ:通知、カレンダーなどオリジナル機能でフル活用

QUICK Money Worldをもっと活用し、楽しんでいただくためにスマホアプリを開発しました。アプリではWebサイトのコンテンツ・機能に加えて、ハッシュタグ(キーワード)のフォロー、お気に入り銘柄の決算や注目する経済統計の発表予定を通知してくれるマイカレンダー、時間がないときに記事を「後で読む」機能などオリジナルの機能があります。慌ただしい日常でも必要な情報は逃さず、隙間時間でナレッジを獲得。アプリの機能でQUICK Money Worldを存分にご活用ください。なおアップルのアップストア、Googleプレイのストア申請で承認がおり次第のご提供となります。

スマホアプリのTOP画面

通知画面

マイカレンダー画面

QUICKは今後もQUICK Money Worldで新機能を提供し、個人の投資・金融行動を支援してまいります。

【QUICKとは】

日本経済新聞社グループの金融情報サービス会社として、世界の証券・金融情報をはじめ、政治・経済情報をリアルタイムで配信。資産運用支援、注文執行業務の支援、情報ネットワーク構築支援サービスなど、証券・金融市場に関連する総合的なソリューションを提供。

https://corporate.quick.co.jp/