IT・ネットワーク,  セキュリティ,  ソフトウェア,  ビジネス,  提携・新会社・IPO

テクマトリックスとマカフィーがEDR事業領域において協業

マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰夫、

以下 マカフィー)とテクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、

代表取締役社長:由利 孝、以下 テクマトリックス)は、

EDR事業領域において協業することをお知らせします。

今回の協業では、テクマトリックスが展開する統合セキュリティ監視・

運用サービス「TechMatrix Premium Support powered by TRINITY」

(以下 TPS)のオプションサービス「インシデント対応支援サービス」において、

マカフィーが提供する「McAfee MVISON EDR」(以下、MVSION EDR)を

サービス対象として拡充します。

これにより、テクマトリックスは、McAfeeソリューションを最適化した

運用によるインシデント検出からインシデント対応までの

セキュリティ運用をワンストップで提供することが可能になります。

TPSのオプション「インシデント対応支援サービス」の

拡張ハンドリング初動代行サービスは、TPS標準サービスに含まれる

統合セキュリティ監視を通じて収集した各イベントアラートと、

MVISION EDRから挙がってくるイベントアラートを相関分析します。

解析の結果、お客様へインシデント通知として発報をする場合には、

監視センターのセキュリティアナリストが能動的に

MVISION EDRを操作し、初動調査と一次対応を行うことで

セキュリティ運用の基盤強化を実現するものです。

今後テクマトリックスでは、マカフィーとの連携を強化し、

EDR関連サービスの追加開発や共同セミナーの開催等を予定しています。

【サービス提供イメージ】

TPS サービスの詳細は、こちらをご覧ください。

(TPS紹介資料や価格表もダウンロード可能です。)

https://www.techmatrix.co.jp/t/nwsec/tps/overview.html

■「McAfee MVISION EDR」について

エンドポイントの振る舞いを継続的に監視するとともに、

複数のソースから収集した膨大なデータから有益なコンテキスト情報を

抽出することで、不審な動作を検出し、高度な脅威を未然に防ぎます。

大量に発生するアラートは、ガイド付きの調査機能により、自動的に質問に

回答することで、経験の浅いアナリストでも分析作業を容易に行えます。

また、エビデンスの収集や分析は自動的に行われるため、

セキュリティ担当者への負荷は掛かりません。

詳細は https://www.mcafee.com/enterprise/ja-jp/products/mvision-edr.html をご覧ください。

【テクマトリックス株式会社について】

テクマトリックス(東証一部:3762)は、クラウドコンピューティング時代に

技術革新をもたらす情報基盤技術のインテグレーションを提供する

「情報基盤事業」と、ソフトウェア技術を駆使し顧客の抱える

問題領域におけるベストプラクティスを実装したアプリケーションの

提供を行なう「アプリケーション・サービス事業」を提供しております。

「情報基盤事業」分野では、独自の目利き力を活かし、北米を中心に

高い技術力、競争力、成長力をもつ次世代ネットワーク、セキュリティ、

ストレージ等の製品やサービスを見極め、単なる製品販売にとどまらない

高付加価値なフルラインのサービスをお届けしています。

詳細は https://www.techmatrix.co.jp をご覧ください。

【マカフィーについて】

マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する

サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の

垣根を超えて共に力を合わせることで実現するより安全な世界を目指し、

マカフィーは企業、そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。

詳細は https://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

※本リリースに記載されている会社名、

 製品名、サービス名は、各社、各団体の商標もしくは登録商標です。