ビジネス,  ビューティ,  ライフスタイル,  健康・ヘルスケア,  医療・福祉・介護,  提携・新会社・IPO,  社会・政治・経済,  経済

英国アストラゼネカPLCと疾患管理ソリューション開発を目的としたグローバル共同研究開発に合意

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下、オムロンヘルスケア)とアストラゼネカPLC(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)は、患者の疾患管理ソリューションの開発を目的とした包括的、かつ長期的なグローバル共同研究開発を行うことに合意し、本日MOU(了解覚書)を締結しました。

両社は、患者および社会へ、よりよい医療環境をお届けしたいという共通の思いを実現するために、本合意に至りました。疾病に関する知見やグローバルでの専門家との信頼関係、それらをベースとしたソリューションの創出力などの両社の強みを融合し、新たな患者向け疾患管理ソリューションや革新的なデバイス、付加価値の高い医薬品や治療法の開発を進めていきます。

両社はすでに中国において呼吸器・糖尿病治療領域におけるコラボレーションの実績があります。今回、その取り組みから得たノウハウを活かし疾病領域や展開地域のさらなる拡大を目指します。

本合意の内容は下記の通りです。

<本合意の戦略的研究開発領域>

・ 呼吸器疾患、循環器、代謝疾患領域における研究開発

・ IoTを活用した診断から治療までの包括的な疾患管理ソリューションの開発

・ 両社のテクノロジーとイノベーションに基づく上記疾患管理ソリューションの普及に向けたビジネスモデル構築

今回のMOU締結に関して、当社代表取締役社長 荻野勲は次のようにコメントしています。「今回 のアストラゼネカとの取り組みは、我々の呼吸器疾患事業のビジョンである「喘息発作ゼロ」の実現に向けての大きな一歩となると確信しています。今後、我々の保有技術を応用し、アストラゼネカとの連携を強めることで、診断・治療から日々の疾病管理まで付加価値の高いソリューションの創出を目指していきます。」

また、アストラゼネカのエグゼクティブバイスプレジデントであるLeon Wangは次のように述べています。「オムロンヘルスケアとのコラボレーションが、今回このような包括的かつ長期的な形でより多くの治療領域に発展するとともに、グローバルプロジェクトとして、より多くの地域の患者さんに利益を享受していただけることを非常に嬉しく思います。我々の世界的なネットワークに含まれる専門家からの支援・協力を得ながら、オムロンヘルスケアと協力し、診断から治療後のケアまで一貫した治療を実現し患者さんのアウトカムの改善を目指します。」

今後も、当社は異業種や他領域の専門家との協業を通じて、デバイスの提供だけでなく疾病の予防管理に有用なサービスの開発を強化し、各疾病領域における医療の進化に貢献していきます。